おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

【移転】本場インドカレー ロボキッチン

●●●8月22日(水)vol5●●●

本場インドカレー ロボキッチン

夜も更けてきました。北谷にもどって

若者に人気の美浜アメリカンビレッジ

DSCN0300.jpg

おしゃれなショップやグルメ、観覧車、そしてビーチと

デートの必須アイテムがここには全てあります。

DSCN0302.jpg

おちゃめなシーサーもいます

Qooは大喜びでしたが

おしゃれすぎて、お父さんは引き気味.........(^^;)

私としては、どうしても昼間のカレー屋さんが気になって

仕方がないのです。もう10時になろうという時間でしたが

アメリカンビレッジでの夕食はやめて、

再び北谷ハンビーへ

夜になると、あちこちにあった屋台村が沢山営業していて

昼間とはまったく違った顔になります。

週末にはフリーマーケットがあり、地元の人で盛り上がるそうですよ。

到着。先ほどのジェットシティバーガーのご主人がちょうど店じまいをしており

「あ、昼はバーガー、夜はカレーですねっっ」

と、声をかけてくれました。

カレーやさんは今度は営業していました。

スパイスの良い香りが漂っていて、お客さんも沢山でにぎわってますよ。

DSCN0307.jpg

あの、おっかなそうなおじさんが黙々とナンを焼いています。

RSCN0345.jpg

私、カレーはごはん派のなので

「すいません、ご飯はありますか?」

「うちはナンだけ。今、混んでるから待つよ~」

素っ気ない対応。

あとで地元のカレーガイドブックを見て理解しましたが、

このお店は沖縄では知る人ぞ知る名店で、このおじさんも名物おやじ。

しかもナンが美味しいお店だったのです。

私は、昼間から作業するおじさんをしつこく呼び出した上

重ねて間違いをしたようで、すっかりおじさんのご機嫌を

損ねてしまったらしいのです。

「はぁ~、どの位待つんでしょうか?」

「20分か30分は待つよ」

(だから、帰ってくれてもいいですよ)

と、言わんばかりの対応です。

若干むかつきましたが、ここで帰るわけにはいかないっ。

「はい、待ちます」

「じゃぁ、そこ座って待ってな」

「はいっっ」(直立気味~)

ベンチに座って待ちました。先のカレーガイドブックを見て納得。

辛さが「地獄の入口、1丁目、3丁目、出口」と選べるようですが、

おっかなくって、とても頼めません。

黙々と作業をするおじさんをすっと見ていました。

と、

おじさん何かスイッチがONになったらしく、

急にニコニコし始めたのです。

20分後、カレーが出来上がりました!

「出来たよ~~」

お金を払おうとすると、ニコニコして

「帰りでいいからぁ~~」

別人です。

DSCN0308.jpg

見てください

・チキンが沢山入ったカレー

・おじさんが丁寧に作ってくれたナン

・ベリー味のラッシー

これでなんと500円です。

スパイシーで本格インドカレーな部分が確かにあるのですが

なんとなく家庭的な味わい感じられる、優しい味のカレーです。

DSCN0309.jpg

うまぁ~~~い

待った甲斐がありました。

「昼間も来たでしょ」

と、おじさん。

そこからはすっかりうち解けました。私たちがさいたま市大宮の

ほうから来たことを告げると、なんと、おじさん、大宮でもお友達と

「ア×▲※~」(←忘れました)というお店を営業していたそうです。

大宮時代の話をさかんにしはじめ、生粋の大宮っ子の旦那と会話が弾んでいます。

「あのころスケート場が、女子プロレスの会場になってさぁ~~」

うゎ~、それってビューティーペアがいた頃だよ。

昔だ。

そんなこんなで、楽しくて美味しいひとときをおじさんと過ごしました。

沖縄でこんな出会いがあるなんて、とても嬉しかったなぁ~~。

「また絶対、食べに来ますね」

と約束して別れました。

●最後まで読んで頂きありがとう!

ランチブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログ ランチへ

thank you !