おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●職人王子(しょくにんおうじ)

やや衝撃映像1

DSCN07390001.jpg

やや衝撃映像2

P10400590001.jpg

心臓に自信のない方は、クリックしないでください.....^^

こちら我が家のイモリちゃんですが、我が家、つい最近まで

外壁の塗り直し工事をずっとやっていたのです。

このイモリちゃんたち、ちゃんと戻ってくるかなぁ~?すこし心配。

で、毎日職人さんが通ってきていたのですが、

足場を組む作業を除く、ほぼ全ての作業を請け負ってくれた職人さんが

「職人王子」

と、呼びたくなるような紳士な職人さんだったのです。

髪はサラサラ。目がぱっちりとして、優しげな笑顔。すらっと背が高く

年は30歳くらいかな~。

つれの若い衆も、カトゥーンの赤西くんをきりっとさせた感じで

可愛いくて、こちらも礼儀正しい良い子なのです。

Qooと家では「王子」「赤西くん」と親しみをこめて呼んでいました

職人王子たちは毎朝、さわやかにやってきて。

ドアのチャイムを押し。

「おはようございます。本日は塗装の下塗りをします」

と笑顔でその日の作業の説明をしてから、仕事に就きます。

10時と3時のお茶の、お礼の言葉も丁寧。

2週間にわたり通っていた間、ただの一度も

「トイレを貸してください」

ともいわず(どこでしていたのかしら?)

帰るときには、 

「本日の作業は、予定通り終わりまして、明日からは

 南側の壁の本塗装に入らせて頂きます。」

と明日の作業の説明をし、

「では、今日は失礼致します」

と深々と頭を下げてお帰りになります。

「ふんじゃメシいくかぁ~~」

「おめぇ~~、●▲●とってこいよ~~」

の、ような、威勢の良い声は一回も聞こえてきませんでした。

足場屋さんの時は、みんなこんな感じだったので....^^

全ての仕事が終了したとき、

Qooも

「あんなにかっこいい二人が明日からもうこないなんて、寂しい....」

オットも

「あんな良い職人さんだったら、次回も来てほしいね...」

私なんか、プレゼントまで持たせて、お見送りしちゃったっつうくらい

素敵な職人さんで、家族皆名残惜しんだのです。

むこうは、どう思ったか知りません....^^

このブログの記事を請け負い元の住宅メーカーに送ってあげたい位....

お茶が終わると、「ごちそうさまでした」

と菓子盆を下げに来るのですが

私が居ないときにはいつも...

DSCN11730001.jpg

王子でしょっ

DSCN15140001.jpg

●最後まで読んで頂きありがとう!

ランチブログランキングに参加しています。

さいたまの応援をポチっとお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ ランチへ

thank you !