おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●「あしたのジョー」はきょうも凄かった!

0802098.jpg

この日、ブログ開設以来、記念すべき初の「オフ会」でした。

ブログを始めた頃に、大宮のライブハウス「マッカーサー」にて

尾藤イサオさんのライブに出かける機会がありました。

それは尾藤さんのファンである母のおつきあいだったのですが...

尾藤さんのすばらしいステージングに感動!

0802095.jpg

それでブログに記事を書く(過去ログ)と同時に、尾藤さんの公式ブログにも

「すばらしかったです。感動しました!」 とコメントを入れさせていただいたのです。

そしたら、そのコメントを見てくださったある方が...

「私も、同じ場所にいましたよ~」とお声かけくださり

私のブログを読んでくださるようになったのです。

で、

私はとてもラッキーなのですが、

その方は、尾藤さんと家族ぐるみのおつきあいをされている方で...

今回のオフ会は尾藤さんご自身に席を確保して頂いた。....みたいな...

と、ちょっと自慢もはいっちゃったりしてぇ~~笑

ホントにブログをやって良かったですよっって話なわけです。

前置きが長くなりましたが.....

尾藤イサオさんのライブも....

ライブハウスマッカーサーも.......

そのお料理も.......

070813_2122~02

すばらしいので、改めてご紹介させて頂きます。

ブログ開設以来初めてお友だちになった方との初オフ会なのに、

しかも大ファンになった尾藤さんライブなのに.....

ブログ開設以来のミスを!

デジカメのバッテリーを、充電したまま、家に置いてきてしまったのです。

かなりへこみました(>_<)  今日の写真はコンビニで買ったインスタントカメラ画像..泣

makka1.jpg

尾藤イサオさんと言えば「あしたのジョー」のテーマ曲で有名ですね。

私はアニマルズのカバー「朝日のあたる家」を、小さな頃、

オンタイムでTV放映を見た印象が強いです。

前回初めて拝見したときは、本当に圧倒されてしまい

母と二人で超感動してしまったのです。

何より歌。歌が圧倒的なパワーです。

同じ箱であるこのライブハウスで、レギュラーで登場するバンドのかたも

今まで充分楽しませていただいていましたが、やはり大御所は一線を

というか別格の歌のパワーを感じさせました。

御歳64才。

RSCN0397.jpg

↑当時のお写真。いえいえ、昨年夏の写真です。すごい若さ!

その歌は、過去に一世を風靡したスターが、今もそのパワーで歌っている

というよりも・・・・

年齢を重ねて、さらに渋みを増した、まるで熟成したシングルモルトウィスキーの

ような、味わいのある歌声なのです。

そして、MC。このMCの楽しさに酔ってしまいます。

その歌とMCの落差が、すっごいなぁ~~。

一晩で2ステージ。

すばらしいステージの合間に楽屋におじゃまさせていただきました。

08020910.jpg

↑一応ツーショット。笑。

とてもラフなスタイルで休憩しているのは、実は風邪でお熱があったそうです。

それは、まったく感じさせないのは勿論のことです。

セカンドステージは、みんな踊ったぁ~~。

尾藤さんの歌で、踊れるって。とても贅沢だと改めて思いました。

あしたのジョー」は今日も凄かった。

次回のマッカーサーライブ。

日程は決まっておりませんが、絶対行きたいと思っています。

そう、やざわ君のお母さんが、ファンだっていうから、さそっちゃおっっ!

0802099.jpg

お料理はね。みんなおいしいです。

通常はMusicチャージはなく、飲食代のみでライブが楽しめます。

(今回の尾藤イサオさんのライブは5.000-)

誰もが馴染んでいるオールディーズやロカビリーが沢山演奏され、

20代(少ないけど)から、上限はなしで、目一杯盛り上がって踊れるお店ですよ。

私が大好きなのはこのシーフードピザ。

piza.jpg

チーズがたっぷりです。

尾藤さん。素敵な夜を本当にありがとうございました。

0802097.jpg

ドラマ「薔薇の無い花屋」に出演中!

20日はBでLIVE放映です。

※お写真はご本人の肖像権の許可を得て掲載させて頂きました。

●尾藤イサオさん公式ホームページはこちら

●ライブハウス「マッカーサー」 HP

過去記事   

マッカーサー(ライブハウス) 

残念な夕ごはんとサイコーの乾杯

やせるコーヒー (前回の尾藤イサオさんのLIVE記事)

●いつも応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ