おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●北本市「支那そば心麺」のラーメン

注)2009年よりご主人が体調を崩され休業がちになり、2010年現在、店名および

  メニュー、料理はまったくそのまま、別の方々で営業されています

 

 IMG_5000_11.jpg

美しいラーメン。

北本市中山道沿いにあるラーメン屋さん「支那そば心麺」

店名からして、ラーメンに対する心意気が伝わってくるようなお店。

こちら塩ラーメン

IMG_4994_11.jpg

私のカメラの腕では伝えきれない、きれいなラーメン。

無題-ステッチされた画像-06

金のラーメン

     銀のラーメン

並べたくなるでしょ?

そう、絶対両方食べたくなっちゃうんですよねぇ~~。

よかったら、思い出をきいてください。

IMG_4991.jpg

9年前のある日、当時の私も今日のようにラーメンを並べたかった。

なので、まだ小さいQooをダシに出かけ、塩・醤油の2杯のラーメンを

頼みました。

でもQooなんて小さい上にラーメンは苦手な方で、3分の1も食べないわけで....

必然的にラーメンを2杯食べているおかあさん像。となるわけです。

それを、じぃ~~っと見ていた親爺さん。空いた時間だったのですよねぇ~。

親爺さんの視線は感じていて、幾分びくびくしていたのですが....

「ねぇ~、おかあさんっっ!」

びくっっっっ....

「おかあさん、2杯食べたいときわぁ~~

時間差で頼むようにっ.........

のびちゃうでしょっ。塩ラーメンが...」

0803282.jpg

ご指摘の通り、塩ラーメンの麺は極細麺.......。

はっ。はいっっっ すいませんっ

あやまっちゃいましたもん、当時の私。

こわかったなぁ~。あの頃の親爺さん。

   IMG_4988.jpg

1999年創業(98かも?)

鬼才佐野実氏に師事したお店ということで、当時、一部の埼玉ラーメンマニアから

注目されました。しかし、それ以上に、開店当初から地元の支持をがっちりつかん

で、現在に至ります。

2001年には、製麺所をつくり自家製麺の提供となり、さらなるスキルアップ

当初ご夫婦で切り盛りしておられましたが、現在は頼もしい息子さんがラーメン作

りの担い手です。

今回、2年振りの訪問でしたが、現在の親爺さん。

絶えることのない注文に、黙々とラーメンを作る息子さんの傍らで

ニコニコ、ニコニコしながらの接客。当時の眼孔鋭い親爺さんの面影は

ありませんねぇー。

でも、ラーメンの美味しさは変わりません。

心麺のラーメンを一言で言うと高級食材ラーメン。かな?

          贅沢な素材が惜しみなく使われています。

 

スープは名古屋コーチンの丸鶏。烏骨鶏の丸鶏、富山の白海老

山形のアゴ丸干し。青森の帆立などを使用。(メニューより)

塩ラーメンの塩は沖縄産、ネギは関東ネギ

IMG_4995_1.jpg

熟成された極細麺は、小麦の味がいいのですが、今回若干アンモニア

香りをかすかに感じてしまいました。なんだったのだろう?

ラヲタの方々は、心麺では塩を頼む傾向にあるようですが、

私のお勧めは断然、醤油。

また、地元の人も8割が醤油を頼んでいるよう...。

  IMG_4999_1.jpg

  

お醤油は和歌山産天然醤油、高級食材の名前を並べるほどに引いてしまう向きも

ありますが、そんなことはどうでも良くなってしまうラーメン。

こんなにまぁ~るく、旨味のあるお醤油ラーメンは食べたことがありません。

(注:埼玉ではです、ラーメンは埼玉でしか食べないタイプなので、すみません)

私の愚舌のレビューはではとうてい伝えきれない、すばらしいレビューを

「じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道」のじょ~じさんが書かれています。

是非、とんで見てください。こちら

(ある意味、全然ココと変わらぬ気分で読めますから~笑)

IMG_4993.jpg

メニュー表はポップアップでどうぞ、デフォルトでラーメン一杯750円と高めの価格。

なのに、お客さんはひっきりなしに訪れ、ほぼ満席状態。納得のおいしさだからですね。

ごちそうさまでした。

  IMG_5009_1.jpg

今日は母と行きました。ひとりで2杯じゃないですよぉ~^^

支那そば 心麺  ぐるなびHP

  〒364-0005 埼玉県北本市本宿1-22 048-591-6700