おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

【閉店】鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のワイン会に行きました

・現在都合により、店を休業されています。

                      Kyoko007

           

IMG_7726.jpg

8月初旬、鴻巣市の大好きなイタリアンレストランAmuninni(アムニンニ)さん主催の

ワイン会に行ってきました。記事が遅くなっちゃった理由は後ほど...

アムニンニさんのオーナーシェフM氏はシチリアでイタリア料理修行を

された本格派な上に、大のワイン好き..昨年から定期的にワイン会を開催、

今日は3回目のワイン会です。

ずっと行きたかったワイン会にやっと行けました。わくわくです。

 

     0808221.jpg

席に案内されるとテーブルにはイタリアの地図にアルファベットが書き込まれた手書きの

小冊子がありました。

     IMG_7661.jpg

      

今日のワインの詳細とお料理のご案内が書かれています。

テイスティングするワインはスプマンテを含め10種類。

そんなに沢山のワインを飲めるでしょうか?ちょっと心配。

「アムニンニ主催第3回のワイン会、みなさんどうぞおたのしみください」

とのMシェフのご挨拶&スプマンテ発泡酒)の乾杯で始まりました。

今回、お料理はワインを引き立てる軽めのもの......

                   でもね、本当においしかったのですよ~。

フロアーの中央にしつらえたテーブルに、まず登場したのは....

       

     IMG_7667_1.jpg

イタリア産ブラックオリーブ(奧)と

                グリーンオリーブ(手前)

私は、肉厚なグリーンオリーブが気に入ってしまいました。これだけでも

ワインがおいしくいただけそうです。

前菜的なお料理とテイスティングのワインは、この中央テーブルに取りに行く

スタイル。お好きなだけどうぞ....

     IMG_7668.jpg

モッツァレラ・ブッファラ(水牛乳)と自家菜園プチトマト

アムニンニさんの野菜はほとんどが自家栽培、新鮮で、かつ丁寧に仕事された

野菜がとってもおいしいレストランでもあるんですよ

      IMG_7679.jpg

いよいよ一番目のワインが登場。Mシェフ自らサーブの白ワイン。

ファジオ インソリア 2006 (シチリア  

シチリアを代表するインソリア種100%。金色に反射しエキゾチックなフルーツを思わせる香り                                    (小冊子より)

   0808224.jpg

うっとり~、かるくシャープなあじわいでした。

こんなかんじで、小冊子の解説をふむふむと楽しみつつのワイン三昧.....

     0808161.jpg

お料理もワインも続々と...

自家製フォカッチャ3種は左から

   ・アンチョビ ・ローズマリー ・オリーブオレガノ

     0808222.jpg

このサラミとぼほ脂のみのベーコン(?)は、このワイン会でも特に感動した

チンタ・セネーゼ

という、イタリアのいわばブランド豚の加工肉、よく運動させて育てているのに脂肪の

多いお肉が特徴なんだそう、この脂のみのベーコンってちょっと圧巻、でも、

バターと同じ役割として、これを先の自家製フォカッチャに乗せて頂くとふんわりと

口に溶け、甘い脂の香りが広がって絶品でした!

( チンタ セネーゼ All about はこちら )

     IMG_7698.jpg

そしてアムニンニさんといえば、チーズが充実しています。今日Mシェフが

選んだチーズは 「ナポレオン・ヴュー」

        ・ピレネーにある山の名前「ナポレオンの鼻」から名をとった 

         今、パリで人気のチーズ

         羊飼いであるドミニクさん自ら製造熟成まで手がける農家製

         羊乳100%の手作りチーズ 10ヶ月熟成 (小冊子より)

 

羊のチーズは苦手って思っていた私が、止まらなかったチーズ

                         (実は今日も食べちゃった~)

前菜は、「イタリアのおいしい~~食材」が

が満載。小冊子に追加しての、シェフ自身の解説にも熱が入っていました。

普段はキッチンでのお料理に集中していらっしゃいますから、そういう意味でも

楽しめたワイン会でした.

     0808225.jpg

お馴染み「ピッツァ・マルゲリータも中央のテーブル

におかれ食べ放題。薄いライトな生地で、かつチーズがとってもおいしいPIZZA!

「アサリとトマトのイタリア風煮込み」こちらも、

ソースを自家製フォッカチオにつけて頂くと最高!

ここからは、Mシェフは厨房に戻って、調理!!お料理も各自のテーブルに

サーブされます

     0808226.jpg

「自家製の茄子とパルミジャーノチーズの重ね焼き」!

おいしい~!最後のメインは

「鶏肉のロースト ジャンイール風  

                ~シチリアのまかない飯~」>

ここまでスプマンテ発泡酒)含む白ワイン5種、赤ワインも5種

計10種類のワインを頂いていています....

赤ワインに進む頃から、酔いがまわってきてかなりよい気分に....

テイスティングも、気をしっかりさせていないと.....^^

これだけのワインを飲み比べたのは初めてです。普段ですと白・赤各一種類つづ

のワインを飲むくらいでしょう、このよう飲み比べるってことで一つ一つのワインの特徴が

はっきり感じられ、大変楽しめました。

だた、かなり酔う....^^

最後はね「自家製レモンのシャーベット」

っって小冊子には書いてあるんだけど

どうしたのでしょう、カメラに写真も残ってないのよ~~

めずらしいわねぇ~、わたしとしたことがデゼールの写真を撮っていないなんて...

     0808223.jpg   

アルファロメオのジュリエット...乗りたい..

ワインは白赤ともに、呑みすすむうちに香りが芳醇になり、力強かった、

特に最後に頂いた赤ワインは本当においしかったです。

合わせて2本ほどのワインを頂いたでしょうか、テイスティングにはワイン強さも

ひつようですね

ワインもお料理も大満足の、そして何より、Mシェフのワインとイタリア食材

に対する情熱を感じるワイン会でした。

料金は、今回、¥6.000- とワインのクオリティーから考えると信じられない

ようなお値段。次回は11/8(土)の予定です。(お酒を頂かない方は¥4.000-です)

     

続きを読むにはワインリストを記載しましたのでどうぞ.....

この大切なワインリストが載った小冊子....酔っていたのかなくしてしまい

昨日、ランチに出かけて、再度頂いてきました。なので記事のアップが

遅くなってしまいました。

だけど、昨日はワインリストはもらったのに、逆にカメラはわすれてしまい......

(おばかでしょう~~)

是非次回はお天気の日をねらって、自然光で取ったとってもきれいな

ランチをレポしますね~

恒例、Mシェフが書いてくださった、チーズリストだけ家で写真を取りました

     IMG_8073.jpg

●アムニンニさんの過去の記事も見てね!

鴻巣市Amuninni(アムニンニ)の生ウニソースのリングイネ 2008.3.30

鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のフォエグラ....^^ 2008.3.29

●Amuninni(アムニンニ)  HP    

   埼玉県鴻巣市天神3丁目681-1  048-542-0015(TEL・FAX兼用)

ブログランキングに参加しています、応援が更新の励みです

                          クリックで応援完了!応援してね!

      

  あら~WEBマダムさんの追い上げで2位になっちゃいそうだわぁ~

  応援してね~。 →  にほんブログ村 グルメブログへ  

  

  

    是非、もう1つクリックしてねーー!→  banner_03.gif    

皆さん、レスポンス等遅れてしまってごめんなさい!ぼちぼちと書いて

いきますの、どうぞよろしくです!         

ワインリスト

 

●●スプマンテ(発泡酒)●●

モヴィア プーロ 2001 (スロベニア)

 ・瓶内2次発酵、きめの細かい泡 なめらかな舌触り

●●白ワイン●●

①ファジオ インソリア 2006 (シチリア)

 ・インソリア100% 金色に反射しエキゾチックなフルーツを思わせる香り

②タスカダルメリータ レオーネ 2007 (シチリア)

 ・カタラット90% シャルドネ10%

  カタラットにシャルドネをブレンド。シチリアでも高地の畑のため、

  とても清涼感ある仕上がり、酸味がアクセントでテイストを飽きさせない

③パラゲット ヴェルナッチャデイ サンミニャーノ リゼルバ 2004

                           (トスカーナ)

 ・ヴェルナッチャ100%

  樽香にとてもパンチがある(バリック仕上げのため)はっきりと分かり 

  やすいテイストで濃い仕上がりの白

④ローザ・ボスコ ソーヴィニョン 2006 (フリウリ)

  ・ソーヴィニョンブラン100% 

  非常に力強いが、その中に繊細なきめの細かさが見える構成

  心地よい樽香(バリック仕上げ)とほのかなピーチアロマ、奥深い味わい

●●赤ワイン●●

①ブライダ ラ・モネッラ 2006 (ピエモンテ)

 ・バルバラ100%

  すみれ色が勝ったルビー色。軽く発砲、香りは開放的で赤いべりーの

香り。フレッシュな仕上がり

②ファジオ ネロ ダヴォラ 2005 (シチリア)

 ・ネロ ダヴォラ100%

  シチリアを代表とする赤ワイン種ネロダヴォラ。

  ルビーを思わせる色合い、エレガントな香りながらスパイスを感じさせる

③ガッバス ジョゼッペ カンノナウ デサルディーニャ 2005(サルディーニャ) 

  ・カンノナウ100%

  樽を使用していないが、果実の濃さがあり、心地よいテイスト、

  バランスの良い仕上がり。サルディーニャ島を代表とする赤ワイン種

④リヴォン ディアーレブル 2000 (フリウリ)

 ・メルロ カベルネ ソービニヨン カルベネフラン

  メルロ主体にカベルネのブレンド。バリック(樽)で24ヶ月熟成

  ボルドー的仕上がり?8年の熟成から醸し出される香りは柔らかさを

  おび、そして力強い ☆☆☆トレビッケーリ※

⑤タレンティ ブルネロ ディ モンタルチーノ リゼルバ 2001(トスカーナ)

 ・サンジョベーゼ グロッソ100%

  トスカーナ・モンタルチーノ村で作られるイタリア3大ワインのひとつ

  である、ルネロ ディ モンタルチーノ。その中でも熟成のすすんだ

  リゼルバ(5年以上の熟成)ポテンシャルの高いワイン

  優雅な味わいと力強さを融合している

  ブルネロの2001年は近年では最高の出来です。その中でもタレンティ

  のブルネロは☆☆☆トレビッケーリ※

※トレビッケーリ(トレ・ビッキエリ)

 今や世界中に広まりつつある、"トレ・ビッキエリ(3つグラス)"というワインの評価基準。これは、イタリアワインの評価本として知られる「ヴィニ・ディタリア(Vini d‘Italia)」の最高評価です。

ワイングラスの絵文字が見つけられない....^^

●ブログランキングに参加しています、応援が更新の励みです

                          クリックで応援完了!応援してね!

    お陰様でこちらは1位。愛を感じるわ~。クリックしてね→  にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ

  

    是非、もう1つクリックしてねーー!→  banner_03.gif    

皆さん、レスポンス等遅れてしまってごめんなさい!ぼちぼちと書いて

いきますの、どうぞよろしくです!