おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●上尾市「若鰤(わかし)」のお斎

IMG_2399_1_1.jpg

日曜は お斎 を頂きました。

「おさい」ではなく「おとき」と読むそうです。

お斎は、本来は精進料理をいただきますが、

最近は料亭などで和の食事をするようです

お斎には、お坊さんが同行します。

たいていは

「じゃ、私はこの辺で...」

と言って、先に失礼します。

そう、お斎とは、法事の後の食事のことを言うそうです。

知らなかった。今回お斎をいただいたのは上尾市

若鰤(わかし)さん

IMG_2436_20090929214609.jpg

お店は簡素で、すっきりという印象、大きな厨房をカウンターが囲み

大広間が一つあります。シンプルイズベストテイスト!

一目で職人だなぁ~~。と思わせるご主人と奥様とで切り盛り。

おふたりで切り盛りするので、貸し切りでした

では、お料理..

STA_2392.jpg

いくらと子持ちのお魚

いくらが上品な薄味でおいしい。

これ、あとでごはんと一緒にたべたいな。と思って最後まで残しておいた。

和食でこういうことするのって、私だけでしょうか?

今回の若鰤山のお斎はお料理も良かったのですが

器が可愛かったなぁ~。カラフルで自分じゃ絶対選ばないタイプの器ですが

外食で食器が華やかだと、なんだかウキウキしますね。

でも、お斎はうきうきするのはちょっと失礼です

IMG_2397.jpg

お造り は一般的なものと

IMG_2405_20090929214234.jpg

ヒラメのお造り ...

IMG_2401.jpg

季節はちょっと違う気もしますが、この一人前様はうれしい。

脂ののったエンガワはかみしめると甘味があってたまりません

IMG_2408.jpg

銀だらの西京焼き、胡桃と鰹節の和え物、くらげの梅和え

IMG_2410.jpg

またまた、美しい器..

IMG_2412.jpg

豚の角煮

底に見える白いものは、裏ごししたじゃがいも(マッシュポテト)

でした。わずかにバターの風味を感じます。

和食ながら、こういうアイディアはうれしい。たのしいです。

IMG_2415.jpg

天ぷら抹茶塩のみがついて来ました。天つゆで食べたい人もいるんじゃないかな? 

ひと皿にボリュームもあり、この辺でお腹がきつくなってきました

IMG_2418.jpg

ぬた 貝とワケギ

IMG_2424_20090929214339.jpg

これまた、可愛い蓋付きのお椀は

IMG_2425.jpg

もずくと卵の雑炊でした。

ここまでボリュームたっぷりにいただいていたので

さっぱりした雑炊だったのは大正解かもしれません

ぬか漬けがおいしい

そして、いくらを残しておいたのは正解だったわぁ~

             (こういうの、お行儀わるいのかしら?)

IMG_2428.jpg

デザートのフルーツもしっかり頂き

いやぁ~大満足なお斎でした。

法事なのに不謹慎ですね。

遠い親戚で、故人とは面識がなかったのでお許しを...

IMG_2430.jpg

食べきれなかった人用の お弁当箱 おりと紙袋も用意してくれました。

ま、うちにはあまり関係がなかったですが...^^

(※お弁当箱じゃなく、「おり」っていうんだって

       JUNAっちがさりげなく教えてくれました...笑)

私たちが帰る頃には、次のお斎の準備に取りかかっていたご主人

ネットにもほとんど情報がないのは、こういった会席の食事中心に

営業しているのでしょうか?良いお店だなと思いました。

若鰤 (懐石・会席料理 / 上尾)
☆☆☆☆ 0.0

(言い訳 : 法事なので写真は....と。思ったのですが

          主催者がこのフブログを見てくれていて勧められたのでつい...^^)