おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●2010大宮アルディージャ選手激励会&塚本ファイト!

今日は、毎年恒例の大宮アルディージャ後援会による選手激励会

でしたが、昨日、非常につらいニュースが飛び込んできたので

食べもの関連の記事は自粛します

病気は憎いよね。

自分の病気については、「我が人生におけるこの病気の意味ってなんだろう?」

と漠然と考えるばかりだったりするけど、今日は病気が憎いです

我がチームの塚本泰史選手が、大腿骨骨肉腫のため選手登録はそのまま

治療に専念することになりました。手術を終えたあともサッカー選手に

もどることは事実上不可能とのこと(公式詳細

病の冷酷さ、医療の厳しさについては身をもって知る立場なので

塚本選手の現在の状況を想うと、胸が痛んでなりません..。

私は病気を告知された時に、まず第一に

「私で良かった、娘じゃなくて良かった...」と思いましたから

彼を支えるご両親の気持ちを思うと、またつらくなります。

でも昨日の会見を聞いて一番つらい彼が..

この病気になって、人の優しさ、人のあたたかさを改めて知ることが

できました。 ~略~ 人は独りでは生きていけない、みんなに支えられて

生きているんだと、強く思いました。

まだ、病気を受けいれることもままならない時期であろう塚本選手の

この言葉に感動しました。感謝の気持ちを表現できる彼は、

絶対に病気に負けてはいないと思います。

「あの病気があったから今の自分がある。」と思える日が必ず来ると信じて

います。同じ病気ではないけれど、病と闘う立場は同じ、サポーターとして

陰ながら応援したい気持ちでいっぱいです。

今日の激励会、挨拶をした、監督・社長・藤本キャプテン。。

みんなが塚本選手へのエールと、彼のためにも良い成績を納めたい

という気概を述べていました。みんながついてます。

タイシ、ファイト!

つづきはメモリアム....

なにより命を第一に考えて欲しいです。

私が入院していた時、同室の向かいのベッドは

塚本選手と同じ、骨肉腫と戦う20代前半の若いママでした

子どものためにも死ねない。と、凄く明るく戦っていました。

10年前だったら、切断は必至で、術後も肺に転移して亡くなるケースが

多かったそうです。今は根治する病気、頑張って欲しいです

塚本選手への感謝をこめて、振り返ってみたい...

08’シーズン千葉戦 、まだ新人だった塚本選手のコーナーキック

DSC02167o_20100228213337.jpg

ちょうど一年前09’の激励会でのサイン

IMG_3848_20100228214437.jpg

去年6月の京都戦は病気告知を受けて最初の入院の直前、

どうしてもスタジアムに行きたくて、オフ会を断っていったんだっけ。

塚本選手のスーパーフリーキックのゴールで勇気づけられた。

娘の留学先でのPCを買うためビッグカメラへ行ったとき

偶然遭遇!明日はスタメン。頑張って!って親子でエールを送った(記事

IMG_1364_1k.jpg

去年夏の鹿島戦の応援は、病気の為お断りしようと思っていたところを

仲間の「手伝うから、やろうよ!」という支えがあって実現したもの、

私自身も病気によって、仲間にささえられていることを知ったひとり。

試合は「エアロ娘」みんなと応援、

Kyoko007さん7番は誰?  トモヤだよ!!

Kyoko007さん2番は誰?  タイシだよ!!

「タイシ!! chachacha! 

   タイシ!!chachacha!」

って若さ爆発の「娘。」たちと応援したのが、すごく楽しかったな~!

お陰様で、鹿島戦初勝利!

過去記事を振り返っても、随分あるんだなぁ~

ありがとう!タイシ。絶対わすれない。

あ~、もう書いてても涙でてきちゃって...

でも、タイシも私も病気には負けないよ!