おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●リオデジャネイロ「POROCAO」のシュハスコ

DSC08225.jpg

おいしいおひるごはんも大好きですが

イケメンも大好きなKyoko007です....

さて、ブラジルを代表するお料理といえばシュラスコ

ブラジルではシュハスコと発音していました

現地でも何度となくいただきましたが、今回はリオデジャネイロ

DSC08270.jpg

POROCAO さんをご紹介します

DSC08273.jpg

ブラジルにはシュハスカリアといわれる気楽なシュハスコ専門の

レストランが沢山あるそうですが、こちらは高級なお店になるそうです

でも、日本よりはずっとお安く、勿論食べ放題でひとり4.000-位です

DSC08244.jpg

天井が高く広々とした店内

DSC08243.jpg

窓際の席からは、リオの海岸が気持ちよく広がっています

と、いってもイベント前なのか?テントをを貼る作業中^^

DSC08232.jpg  DSC08235.jpg

DSC08236.jpg  DSC08226_1.jpg

 

シュハスコ以外の前菜やお魚料理はブッヘ形式になっておりましたが

これが大変充実した内容

DSC08230.jpg

チーズや..

DSC08241.jpg

お寿司まで..

DSC08229.jpg

そして盛りつけが芸術的に美しい。

DSC08224.jpg

メインのお肉。

・牛肉

 Picanha(ピカーニャ、ランプ肉

 Alcatra(アルカトラ、サーロイン

 Cupim(クッピン、コブ肉)

 Picanha no Alho(ピカーニャ・ノ・アーリョ、ガーリックステーキ

 Costela(コステーラ、リブ・あばら骨周辺)

・豚肉

 Lombo(ロンボ、ロイン)

 Costela(コステーラ、リブ)

 Linguica(リングィッサ、ソーセージ)

・鶏肉

 Frango(フランゴ、手羽元

 Coraçoes(コラソン、ハツ・心臓

その他

 Abacaxi(アバカシ、パイナップル)

 Camarao(カマラォン、エビ)

太字が実際いただいたものです。

IMG_5445.jpg

                           肉もギャルソンも迫力満点

ガーリックステーキ以外はシンブルに岩塩と胡椒で味付けをした肉を炭火でじっくり

焼いています

日本ではちょっと苦手だったハツが、新鮮でおいしくて好物になりました。

ピッカーニャというランプ肉はシェラスコの代表的部位。

DSC08223.jpg

こちらでも書きましたが、ブラジルはこういうスナックがおいしいの

これはもっともポピュラーなパステルというスナック、勿論Beerと良く合います

ランショーネで気楽にたべられるスナックが高級レストランに登場するのに

フェイジョンやフェイジョアーダなどの豆料理は出てこないので

同席のガイドKURALAさんに訪ねると

リオなどの都市部ではだんだん食べなくなっているのだそう

ちょっと残念ですね...

DSC08247.jpg

赤ワインとおいしそうなデザートもいただき、充実しすぎるほどの

おいしいおひるごはんでした

さて、最初に登場したイケメンさん

シュハスコというのは元々ブラジル南部のカウボーイ

ガウチョとよばれる白人(但し調べてみると、スペインと原住民の混血)の

お料理なので、このお店ではシュハスケイロとよばれるギャルソンもみな

彼のような白人のみで運営されていたそう・・最近はゆるんでシュハスケイロ

は様々な肌の色の人が登場するようになったそう..

DSC08256.jpg

そういえば、サンバショーのプラタフォルマは逆に以前は人種はとわず

白人ダンサーもいたのだけど、今はムラタ以外は登用しないんだそう

多民族国家ならでわですねぇ~

KURALAさんは、リオが公認のガイドなので「顔」で厨房ものぞかせて

いただきました。

DSC08257_20100614002409.jpg

こんな風に焼いておりました

DSC08258.jpg

舞台裏のフレンドリーな表情

お肉もイケメンもお好み次第よぉ~

私はねぇ..

IMG_5449.jpg

へへへ... ( *´艸`)

●POROCAO   ブラジルのサイトはこちら

●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です

関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ