おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●3.11のディズニーランド その2

IMG_0001_13.jpg

その1では、被災のとまどいと、ディズニーランドの対応にちょっと

首をかしげて不信感をもった・・という記事になっておりますが...

やはり、日本の観測史上最大の地震の状況でランド側も体制整えるために時間が

かかったようで、このあとの対応は大変に感謝できるものでした

21:40 再び園内散策... サービスが広がる

    建物の安全が確保できたようで、多くの人々がレストランなどの

    屋内で避難できるようになる

IMG_0003_1.jpg

    

    いまだ通信状況悪く、またそろそろ携帯のバッテリー切れの方も...

    公衆電話がにぎわっております

IMG_0002_2.jpg

    大量にお土産用のお菓子を配ってる様子

  

    ポップコーンの配布も拡大。またスープやコーヒーなどの暖かい

飲み物のサービスがはじまりました.....

disIMG_0001_1.jpg

    

21:50 反面、これは、食事のサービスがここで始まりますよーと案内してる場面

    ですが見ている人は、わずか4.5人とうい状況...

    これって適切な情報発信?と思ってしまいます。

    一斉情報提供はパニックを引き起こすので、情報を制限しているのでしょうか?

    情報を求めて積極的に動いている人や、たまたま通りかかった

    人だけに、こういう形で発信するよ。というスタンスなのかしら?

    この位の時間になると、マイカー来園の方や近所のホテル滞在者は次第に

    少なくなっており、結果、公共交通機関で来園した、高・大学生くらいの

    とても若い人々の割合が多くなってきました。

    お菓子をはじめとする食料は、少しづつ提供されたのですが、

    若い人たちが、自分が食べるのはそこそこに、小さな子供たちに

    お菓子を配っている姿がそこここで見られました    

    それは心温まる光景でした 

IMG_0001_7.jpg

    アトラクション内部も宿泊場所として解放されるように....

    スペースマウンテンも解放!  

IMG_0001_8_20110313003504.jpg

IMG_0002_3.jpg

    でも、ワールドバザールは依然、屋外で過ごす人の姿がこんなに...

    情報が伝わっていないのか? 若い人ばかりなので、屋外を好んでいるのか?

    

22:45 やっと友人との携帯メールがつながる。

    あーー、13日の手話応援中止の連絡、気をおとす 

IMG_0001_9.jpg

22:50 食事の配布がはじまる。長蛇の列が...

IMG_0001_10_20110312204654.jpg

    私たちもお菓子を、お菓子の無料提供も十分みんなに供給されている模様..

    それだけ大量のお菓子を配布しておりました

23:20 ひじきご飯と暖かいお茶のサービス

IMG_0001_13.jpg

    夕飯をいただき、やはりうれしくなる私たち。

    同じように被災してるのに、一生懸命、被災者のために仕事をしてくれる

    キャストに感謝の気持ちでいっぱいになります

IMG_0002_20110313001838.jpg IMG_0001_1_20110313001650.jpg

     

     新たに配布された金ピカ・ペラペラ素材の防寒具、これが優れもの

     隣のお父さんは、ベニーカーごと子供をつつんでいました

00:15  さて、日付も変わり....

     そろそろ、一般道路も落ち着いてきた頃

     私たちは帰宅することに...

     長い時間を過ごした、周りの方に挨拶をして

     トゥモローランドテラスを後にしました

00:30  さっきのワールドバザールも防寒材で金ピカ!

     みんな眠りにつき始めています 

  

IMG_0004_20110312204827.jpg

    

disIMG_0004_20110312232905.jpg

    そして、すべての商品を被災者に配ったコンフェクショナリーの

    棚は、なんと!からっぽになっておりました。

    あっぱれ。ディズニーランド

    情報の詳細は一切発信せずと、サービスとサービス情報も小出し

    だったことは、一時的に首をかしげたのですが、不意の予想を上回る大地震に

    対応に時間がかかったことと、混乱をさけるためと理解しました。

    結果的には、大きな混乱は一切起きず、サービスもすべての人が満足するもの

    だったと思います。

    プロフェッショナルなキャストの対応と努力に深く感謝します

    さよならシンデレラ城

disIMG_0003.jpg

    こんな思い出深いディズニーランドは初めてです

                いや、またあったら困るんですけど...

IMG_0001_18.jpg

   つらかった数時間もあったけど

       ディズニーランドの美しさには、いやされました...

   そして、車に....

   あとちょっとのつづきは、「続きを読む」で...

●最後までお読みいただ方、ありがとうございます

 いまだに余震がつづいている現在、これ以上の被害が拡大しないことを

 心から祈っております

 

きらきらのディズニーランドに別れを告げ、

駐車場に...

IMG_0001_20110312204542.jpg

心配していた液状化現象は確かにありました

IMG_0002_4.jpg

ぞぞ~~ アスファルトが盛り上がって、地割れが...

IMG_0003_2.jpg

これ、私の車。ぞぞ~~ 地割れしてる..

たった今さよならしたのは、やっぱり  夢の国 だったんだ...

mkmn04.gif

そして、乗車し、カーナビのTVで震源地の状況を目の当たりにし

被害の深刻さに、改めて衝撃を受けました

私たち夫婦はあすは仕事....とにかく帰りましょう

かなりの渋滞と、帰宅困難者が深夜に歩いていることに驚きながら

(私の同僚も...)3:30過ぎに帰宅...

家の中は、高いところに置いてあったフルーツ盆がわれていたのみ...

いつもの「我が家」が迎えてくれました。

それは、なんと幸せなことなのでしょう。と、実感したKyoko007一家でした

思うに、この未曾有の大地震の中、一家そろっていられたこと自体、非常にラッキー

なことでありました