おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●被災ペット救済へのご協力のお願い と 新しい家族

hariIMG_0001_2_20110325230845.jpg

ハリー君  ♂  シベリアンハスキーのmix 

momokoIMG_0001_3_20110325230838.jpg

モモコちゃん ♀ mix

現在上記の2匹のワンちゃんを、一時的に、あるいは長期に渡って、預かってくださる

方を求めています。

飼い主さんは、現在、さいたま市見沼区片柳コミュニティセンターにて

避難生活を送られております。

2匹は現在、近隣の獣医さんが一時預かりをしてくださっているます

また動物愛護団体の一時預かりへの登録ペットでもありますが

飼い主さんが避難生活のため、急ぎ、どなたかご家庭で預かってくださる方を

探しております

お預かりできそう...と、いうご家庭がありましたら、

鍵コメントで私にコメントいただくか、

片柳コミュニティセンターに直接お伺いください。

(電話はあえて、書きません。色々な作業が煩雑になっているので

 この件について理解しているスタッフと直接、お話したほうがいいとおもうので..)

被災ペットの問題は、そこここで、目にしていて

ブロ友さんたちも、具体的に活動しているかたがいらっしゃいます

「被災ペット」かわいそうに....

って思いながら、実は私は昨日まで

「うちは無理、犬猫鳥とすでに、うちにいっぱい家族がいるし...」

と思っておりました。

でも、今日、ボランティアに参加する機会をいただき、お手伝いする中

上記のワンちゃんたちの姿、一緒に避難所まで連れてきた飼い主の方々の姿を

目の当たりにし...本当に切なくなってしまいました。

そして..

rikiIMG_0001_1_20110325230829.jpg

我が家のメンバーが1匹増えました

福島県富岡市出身

リキマル 10さい ♂ 柴犬 です

(今日聞いたら、1999.1.14生まれの12さいでした)

いえ、いつでも飼い主の方にお返しできるよう、お預かりさせていただきたい

と思います。

この3匹のペットのお話を伺った時に、

無理だと思うけど...と、思いながらも家族に相談したら

娘もオットももろ手を挙げて賛成してくれて、そして、話が決まると

ご近所の犬好きさんが、首輪からエサ入れ、なんと、立派な犬小屋まで

提供してくれました

3匹を一度に預かるのは、やはり難しく

モモちゃんは、健康不安があって今検査中なのです

1匹を選ぶのは、せつなかったですが、リキマル君をお預かりすることにしました

飼い主の方は、とても感謝してくださいましたが、

お別れはつらかった...

「リキマル、10年間、本当にありがとうね...」

と、涙を流してお別れする飼い主さん

地震が、原発の事故なかったら...ずっとずっと一緒にいられたのに

こんな形で、家族同然のペットとお別れしなければならない...

飼い主さんの無念の気持ちは計り知れません

そして、形は一時預かりでも、

地震津波原発事故と何十もの被害をうけてしまった

現在の富岡市の現状と飼い主さんの今後の避難生活を考えると、

現実、長期的にお預かりすることは必須です

飼い主さんの涙を忘れず、精一杯の愛情をもって、リキマルをお預かりします

ハリー・モモちゃんと別れ、一人ぼっちになったリキマルは先ほどまで、

キュンキュンと泣いていました。でも、今はおとなしくなって

いただいた犬小屋にはいって、眠っています

被災地にも、避難所にも、同じようなペットがどれほどいることでしょう

もしも、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、どうぞ、被災ペットの

救済にご協力いただければ..と願っています

被災ペットの救済情報や支援についてはブロ友の

京男京女 さんの こちらのページが詳しいです

でも、近隣情報としてのさいたまアリーナのペット預かり情報は

ソースがひとつわかりません。明日、また調べますね

追記 アニマル・サポート・メイト 

    http://www.asmworld.org/ でした!!