おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み

20121111_20121125222011.jpg

文化の街コインブラを後にし、向かったのはキリスト教徒の巡礼地 

Fatima(ファティマ)

第一次世界大戦中の1917年、この地で、

PB114086_20121125221618.jpg

この3人の子供たちの前に「聖母マリアが出現するという奇跡が起こった」

という街、当時はオリーブの木が点在しているだけの荒れ地でしたが

聖母マリアのお告げで、この地に立派な礼拝堂が建てられたといいます

が、まずは... 腹ごしらえ ♪(´ε` )

↑ 写真の バジリカという大聖堂の近くのレストラン

正確な店名は解らないのですが、シスター(修道女)の方方がおだやかーな

面持ちでサービスしてくださる現代の修道院の中の食堂のような場所でした

聖地ファティマらしいレストラン...ともいえます

PB114035.jpg

店内も落ち着いて、ほっとするしつらえです

さて着席すると、いつものようにパン

PB114037.jpg

これは、おいしそう...

そしてすぐに出てきたのが

PB114036.jpg

牛肉のリエットをコロッケにしたような前菜

PB114043.jpg

パンにつけていただくと、とってもおいしい...

これ、赤ワインが進みます

PB114042.jpg

必ず出てくる、野菜のスープ

SOPA DE LEGUMES ソーパ レ レグーメス

ジャガイモをベースににんじん・青菜などを加え煮込んだ

ポタージュタイプ、素朴でヘルシーでホッとする味。

ここのは特に、とてもおいしかった。

このタイプのスープはほぼ必ず出てきたのですが、

大豆などの「豆」が入っているものもあって、それは「お味噌汁」に

煮た味わいで、不思議な感じがしました

PB114044.jpg

サラダ・お米・ポテト・お肉料理は

メインのお皿にこんな風に修道女さんがサービスしてくれます

PB114047.jpg

メインのお皿が完成

牛肉のトマト煮込み、って感じのお料理

癖がなく日本人にはとても食べやすい味付け、でもお肉はかなり

筋肉質で歯ごたえ充分でした(笑)

やっぱりここのポテトもおいしかったーー

あー、ポルトガルはジャガイモがおいし過ぎます

パン・ポテトに加え...

PB114048.jpg

お米も....なトリプル炭水化物の組み合わせが多かったです

大好きだけど、危険

PB114071.jpg

デザートは、まんま 果物

ちゃんとナイフがついてくる。

オレンジとりんごの置き方が日本と逆ですね

PB114074_20121125221618.jpg

概ねりんごはかぶりつき..

このレストラン、りんごかじりながら歩いている人がいっぱいだったのは

これだったのかっ!って苦笑い

食後の和みタイムに...

PB114067.jpg

修道女さんが、可愛い赤ちゃんをつれてやって来ます

この子は、どういういきさつで 彼女に抱かれ

観光客の一群の食事処に連れてこられたのかわかりませんが、

というか、本人もわかりません。ってつぶらな瞳をクリクリさせて

いるのですが....

あまりに可愛い.....

ファティマ_1

レストラン外もステンドグラス・アズレージェ(タイル絵)

が美しい、決して華美でないけれど落ち着けて、ポルトガルらしい

伝統を感じられるレストランでした

さて 聖地ファティマ ...

迫ってくるのは このバジリカ

神聖なバジリカへつづく道

PB114089_20121125221401.jpg

信仰深いキリスト教信者は、この写真でわかるでしょうか?

ひざまずいた状態でバジリカを目指しています

また、この↑の写真の左側の建物には

決して消えない炎がともされ、神聖なミサを行っていました

PB114097.jpg

バジリカ内部の美しい礼拝堂...

そして建設されて100年あまりのバジリカの反対側には

さらに多くの巡礼者を受け入れらるよう、、近代的な教会があります

PB114105.jpg

前衛芸術のような、十字架のインパクトに引き込まれます

時間のとまった国といわれるポルトガルの中で、ここファティマは新しい土地

神秘的でありながら、この100年の奇跡の物語を肌で感じられるレアな場所で

ありました

聖母マリアから、3つの予言を託された3人の子供

そのなかの「ルシア」という子はだけは長く生き、ずっと明かされなかった

第3の予言は2000年になってバチカンから発表されたそうです

だけど、その内容の真偽は今も不明、

ってなナゾが今でも残ってるファティマです

私の記述は、チンプンカンプンだと思いますので

ファティマの奇跡については「ファティマの聖母マリアwiki」をご参照ください

そして、私たちはこの日の最終目的地. ナザレへ向かいました

●2012年11月 ポルトガル旅行記

①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー

②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理

③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ

④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き

⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」

⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み

⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤

⑧ポルトガルのマクドナルド

⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej

⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 

⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー

⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 

⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー

⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 

⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理

⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド