おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●インドの旅1 事前準備〜成田〜上海東方空港

20131112_121527_1_1.jpg

「11月にインドに行くの」と言うと

私を良く知る人からは、

カレー食べに行くんでしょ?!

私をあまり知らない仕事上の知り合いなどからは

ヨガを勉強しに?

と聞かれましたが、

インドに行った、ただ一つの理由はカレーでもヨガでもなく...

安かったから

です。

= 庶民っ

そんな庶民なインド旅行。

安いツアーを快適に楽しむため、

自分なりに、工夫したこともあるので

そのあたりも含めてレポします

矯味のない方はすっ飛ばしてください

ま.. カレーは食べまくりまけどね(笑)

まず旅行前にしたことが2つ

1.dtabというdocomoから発売されている格安タブレットを購入

2.プライオリティパスを入手

です。

今回は安いツアーなので、デリー直行便ではなく、

中国東方航空という、飛行機も機内食もあんまり評判が良くない

航空会社の上、上海浦東国際空港での長めのトランジットがありました

で、購入したのが docomodtab です

docomoスマートフォンを使用していれば

本体価格が9975円というキャンペーン価格で購入できます

(但し、7ヶ月間月500円の dビデオ というビデオ閲覧サービスに

 加入が条件)

dtabは回線契約が必要ないので

自宅では自宅のwifiでネット接続が可能、

外では自分のスマホのデザリング機能でネット接続が可能です

 

このTtabに私は映画を5本くらい詰めて持っていきました。

1450078_537417383017058_1594599296_n_1.jpg

右 dtab本体

中 100円SHOPで買ったネックウォーマーの片方をチクチク縫うと

  dtabカバーにドンピシャ!

左 ネットで買ったdtab専用カバー

dtabと検索して、中々評判が良いので購入したけど かわいいやつです

で、お次は

プライオリティパスを入手 について..

priority_pass.jpg

プライオリティパスとは、会員になることで、

世界中600以上の空港VIPラウンジがご利用できるカードのことです。

多くのゴールドクレジットカードの付帯サービスで

プライオリティパスを無料で入手できるのですが

最安は、楽天の「楽天プレミアムカード」(年会費10500円)です

私は一般の楽天カードも持っていましたが、プレミアムカードに

切り替える際12700ポイントが付与される限定期間に申し込んだので

実質初年度の年会費はゼロでした

プライオリティパスの会費は、年間399USドルもかかるのに

楽天プレミアムカードに入会するだけで、無料で入手できるのは

本当にお得だと思います

娘が社会人になり、今後は旅行を趣味にしたいと思っていたことも

あって手に入れました。9月に手元に届き、羽田・成田・伊丹

上海・デリーと5か所の空港ラウンジを利用しましたが

旅行好きさんにはお勧めです!

でも、各航空会社のファースト・ビジネスクラスのラウンジとは別ですの

使用できるラウンジはプライオリティパスのHPで検索してくださいね 

さて、事前準備も整ったし!

8つの世界遺産を巡る、

    カレー食べまくりインド旅行に出発〜!

成田空港でのチェックインを済ませると、ちょうどお昼の時刻

蕎麦や_1

天亭さんでおひるごはん

しばらく和食とはお別れです

食後も少し時間があったので、「IASSエグゼクティブラウンジ2」

で時間つぶし、豪華さなどはありませんが、ソフトドリンク無料。

アルコールもBeer1缶無料&ナッツ系おつまみがいただけました

13時過ぎに中国東方航空にて上海浦東国際空港へ...

機内は汚くはありませんが、やっぱり座席モニターはありませんでした

でも席は足も伸ばせるし、ネットの評判ほど印象は悪くありません

フライトは4時間弱なのでdtabは出番なし

20131111_205001_1_1.jpg

海浦東国際空港 です

トランジット専用のエリアを通って直接、搭乗エリアに行ったので

お買いものなどのお楽しみはなし..

ここで約3時間近く待機

早速プライオリティパスで利用できる

ファーストクラス&ビジネスクラスラウンジ37 へ..

(格安ツアー客でもプライオリティパスがあれば入れますw)

上海ラウンジ1_1

利用は2時間の制限がありますが

すべての飲食(アルコール含む)無料

食事時だったので焼きそばやチャーハンなどの暖かい食事

がいただけ、中国や韓国のカップラーメンなどもあり面白い

スナック類やサンドウィッチも充実!

勿論wifiの環境も整っています。この時は使いませんでしたが..

国内ではここまでのサービスが受けられるラウンジは無かったので

庶民は結構感激しました。プライオリティパスを作ってヨカッタ!

そして、デリーへ..  いよいよインドです

●プライオリティパス HP

インド旅行記にお付き合いいただきありがとうございます

 今回のインド旅行記の記事はすべて こちら です

関連ランキング:天ぷら | 成田空港駅(空港第2ビル)東成田駅成田空港駅

タブレットケースはやはりネットが種類豊富ですね