おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●インドの旅2 ニューデリーの朝食とデリーの街

サンバルイドゥリ_1

海浦東国際空港 を出て、空路デリーへ

この旅の初めてのカレーは機内食でした

インド2 (2)

中国東方航空だけに、なんか中華っぽいカレーでした 

7時間後、現地時間の夜中の2時に...

インド2 (3)

ニューデリー インディラガンジー国際航空 に到着

くだんのdtabは7時間のフライトで使用したかというとノー。

夜のフライトで消灯が早かったんので、タブレットのモニターの光は

迷惑かな?と思いまして。

でか、ラウンジでいただいワインが利いて熟睡しちゃったってのが真相です

dtab出番ないな~~(笑)

空港からホテルまでの、ほんの少しのバスのドライブで

すでにカルチャーショック、インドの道路事情、事前に聴いていたが

怖い怖い!!

インド2 (4)

やっと到着したニューデリーのホテルにて...

朗らかに出迎えてくださったインド人ガイド‘ブタニさん‘が

掛けてくれたマリーゴールドのレイと

上海空港のラウンジからちょいと失敬したスナック、これおいしい〜

バタンキューで、ベッドにもぐりこみました

前日が遅かったので翌朝はゆっくりの起床で10時頃に朝食

インド2 (5)

ホテルの朝食はバイキング

日本のホテルの朝食が和・洋食MIXなのほぼ、同じように

インドのホテルの朝食もインディアン・洋食mxでした

サンバルイドゥリ_1

初現地インド料理は、サンバル  と イドゥリ

サンバルは南インドのお味噌汁と聞いていました

サンバルとイドゥリは南インドの黄金の朝食と聞いてきました

あれ? ここニューデリーって 確か 北インド ??

でもいいです。めっちゃ美味しかったから!

サンバルはインド初だったのもあるけれど、このホテルが一番

おいしかったと思います

インド2 (6)

サンバルと豆カレーと 全粒粉のチャパティ  おいしかった

もうひとつおいしかったのが こちら

インド2 (7)

名前は分りません。インドのおかゆ..かな?

このおかゆに酸味のあるタマリンド(?)の薬味加えると

日本の「おかゆに梅干し」のようなおなかにやさしい朝食になります

国を超えた、「おかゆに酸味」の共通項にプチ感心♪d('∀'o)

洋食も、パン・卵料理・コーンフレーク・ソーセージやベーコン

フルーツなどの一応のラインナップが並んでます

でも、葉物のサラダがありません。衛生上の問題なのかな?

これは滞在中どのホテルもそうでした

インド2 (8)

ホテルの部屋から見た、ニューデリーの街並み

絶え間なく車のクラクションが聞こえてきます

日本では決して聞くことがない生活音

そして、なぜだか、街が煙っています

20131112_135555_1_1.jpg

ほんのちょっとの滞在だった、初日のホテルは

プレミアイン

トリップアドバイザーレビューはこちら

キレイ目ビジネスホテルでした

いよいよ、ここからインド観光 ホテルを出発

観光場所に到着する前に、驚きの連続でした

夕べは夜中で定かでなかったのですが...

インド2 (10)

すごい!この国 車線がない!!

(のちにあっても、あって、無いようなものと判明)

我先に我先にと車がクラクションを鳴らしながら走ってる

しかも、バイクにくわえ、自転車までもが車道を通行している!

インド2 (11)

バイクの荷台にサリーを来た夫人が横座り!

危ない――。でも、こんなん序の口ということが後に解りましたが...^^

しかし、この光景は.... 

なんと表現してよいか..

インド2 (12)

5才くらいの女の子

交差点の信号が赤になり車が停まると

やってきて、でんぐり返しや、ダンス、腕縄跳び

といった「芸」を披露

インド2 (13)

閉められた車窓に向かって、お金(?)を乞います

ボロボロのピンクのセーター

痩せ細ったからだ

奇妙なメイクアップ...

「かわいそう」とか「気の毒」という言葉は、おごりなのだと思いますが

同じ2013年のこの時に、同じ世界にこのような生活をし、必死に生きている

子供たちがいること...聞いてはいても、目の当たりにすると衝撃でした

旅の初めから、衝撃ばかりのインド旅行です

インド旅行記にお付き合いいただきありがとうございます

 今回のインド旅行記の記事はすべて こちら です

おうちでサンバル!