おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●インドの旅5ジャイプール「ピンクシティ」のチャナマサラ&風の宮殿

DSC02794_1.jpg

ジャイプールのおいしく・美しいホテルに後ろ髪惹かれつつ

アーバスに乗り込み、市街へ...

DSC02650_1.jpg

ジャイプールの街並みは ピンクシティと呼ばれています

1876年にヴィクトリア女王の息子、アルバート王子がこの地を訪れマハラジャ一家の歓待を受けた。

この時に市街の建物をピンク色に塗ったのをきっかけとして、伝統的に建物にピンク色の塗装が施されるようになり、現在でも「ピンク・シティー」と呼ばれる景観を作っている。wikiより

DSC02643_1.jpg

街は朝からエネルギッシュ

印象的なピンクシティ...皆さん街をキレイにすべく、

素朴なほうきで、ごみを集めてお掃除しているんですけど

それを行政が配収し焼却する..というシステムがないようで

正直に表現すると汚いです、不衛生だし...

DSC02652_1.jpg

のら牛がいっぱい..

ヒンズー教の理念は「不殺生」なので

牛は神聖な生き物として、街を自由に闊歩していますが

彼らのご不浄も自由..なんですね

DSC02642_1.jpg

らくだも...

DSC02645_1.jpg

馬も立派な交通手段

車道といったら日本では通っているのは、車とバイクくらいですが、インドでは

車・らくだ・馬・象・自転車・バイク...

なんでもありっ!!

ピンクシティに突如現れる、ジャイプールの名所

DSC02644_1.jpg

風の宮殿 ハワ・マハル です

DSC02649_1.jpg

王室に使える女性たちが壮大なファサード(建物の正面)の涼しい居室から街の有様を楽しめるようにと、マハラジャの詩人サワイ・プラダット・シンが1799年に作ったものだそう...

この宮殿はジャイプールのランドマーク的建造物

存在感充分でありながら、女性的繊細さを兼ね備えています

さて、この後、富士山と共に今年世界遺産に認定された、アンベール城

ジャンタルマンタルという天文台シティパレスと巡ったのですが

それは、またの機会として...

ごはん 行きましょう

ジャイプールのおひるは その名も ピンクシティという名のレストラン

DSC02777_1.jpg

あら、可愛い

いかにもジャイプールらしい外観です

DSC02779_1.jpg

店内はいるとすぐ左手に..

DSC02781_1.jpg

ブッフェコーナー おいしそうなカレーのお鍋が並んでいます

DSC02782.jpg  DSC02783.jpg

チキンとおまめのカレー

DSC02791.jpg  DSC02790_201311272308260b3.jpg

フライドポテトとナスのカレー

DSC02789_2013112723082427d.jpg  DSC02788_20131127230822341.jpg

バスマティライスとラジマ(豆)カレー

 DSC02787.jpg  DSC02785.jpg

デザートといつものキングフィッシャービール

等々色々ならんでおりましたが....

DSC02784_1.jpg

私たちツーリストの食事エリアと、現地のインド人の方の食事エリアは

ガラスのしきりで完全に分断されてしまっているのです

お料理も現地インド人むけのブッヘコーナーは目の先の別の場所に有りました

だったら...

インド人の方が食べる、

ツーリスト向けアレンジなしのカレーが食べたいじゃないのっ!!

と、考えるより前に、

「すいません、私はあちらのお料理が食べたいのだけどOK?」

と口の方が動いていて...

はたして、やっとホントに現地の人が食べるカレーを味わうことできたのです

インド人エリアのカレー は 完全ベジタリアン仕様でした

DSC02794_1.jpg

インド人の方に交じって...

ツーリスト向け&現地インド人向け混合プレート

DSC02796_1.jpg

おいしそう〜、気持ち上がる〜!

DSC02797_1.jpg

解説付き...

ギッタカレーって、今一つわからないのですが

調べるとすいとんのようなものがはいってるのかな?

私のこのお皿は、具はなしソースのみのようです

味の感想ですが...

現地向けカレーの方が、私的に32倍おいしかった

一言でいうと、現地のカレーは..

スパイスの躍動感 がちがう

毎日このベジカレー食べられるなら、住み込みたいっ

って位おいしかったです

時間がたってしまったので、カレーごとの感想は正直覚えてないけど

それぞれ、ちゃんと違うのね

それで、もう一つ、ホテルにもあった

クリーミーなパニールのカレー..(写真失念)

これがものすごいおいしかった。

たぶんカスリメティの香りだと思いますが

クリーミーさに、「燻製感」っぽいカスリメティの香りの

ベストマッチが忘れられない

アジャンタ系の、さいたま市のSさんや千葉・新検見川のSさんの

バターチキンにもカスリメティが入ってますが、32倍くらい芳しいのです

私、カレーライスは好きだけど

日本のインディアン料理って、そんなに興味なかったんだけど

ホントのインドのカレーって、おいしいんだね..

ってちょっと涙ぐみそうになりました。

でも..

私が先導して、この現地カレーをツアーの4人くらいが大喜びでいただいたのですが

そのうちお二人が、その後お腹を壊してしまったのでしたΣ(゚д゚lll)

このカレーが原因だったと思います。ちょっと責任感じました。

現地の食べ物はくれぐれも自己責任で食べてくださいね

ここは、ジャイプールではきっと高級な方..のレストランだと思うんですけどねー

DSC02798_1.jpg

デザート

お米とミルクでつくったこのデザートを食べると

さいたま市のグルプリートさんを思い出す..

DSC02792_1.jpg

フェンネルシードやお砂糖のマウスフレッシャー

ジャイプール

日本をたって3日目、移動が多かったので

がっぷりよつで取り組んだ都市はジャイプールが初めて

人々のエネルギー

インドらしいラグジュアリーホテル

本場のインド料理に開眼!と..

忘れられない街となりました

インド旅行はまだまだ続きます... とびとび、ご容赦ください

明日から3夜連続忘年会なもんで..

●今回のインドの旅の記事は全て こちら です

ネットだと珍しいスパイスも簡単に入手できるんですね