おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●インドの旅7ジャイプールの「ジャンタル・マンタル(天文台)」と「シティパレス」

DSC02728_1_20131214201301b17.jpg

インド旅行記 は全て こちら

8つの世界遺産をめぐるインドの旅

3つ目の世界遺産は..

世界遺産3 ジャンタル・マンタル 屋外天文台です

1728年、天文学に造形の深いサワイ・ジャイ・シン2世が建設しました。

サワイ・ジャイ・シン2世は他にもデリーやバラナシにも屋外天文台を建設しておりますが

ここジャイプールの天文台が最大で、最も良好な状態で保存されているそうです

全部で16個の様々な観測儀があります。

DSC02731_1.jpg

20秒の単位まで測定できる日時計

DSC02730_1.jpg

説明してくれているのは、インド中ずっとお世話になったブタニさん

暖かく良いガイドさんでした!

DSC02734_1.jpg

ブタニさん、日本語が堪能ですが、これは、なにを説明してくれたのか

今一つわからない複雑な観測儀でした 

でも造形美に目をみはりました。

あとで調べたら....

「他の観測儀の結果を直径4m中に入り補足観測するもの」だそうだ..

うん、いまいちわからんっ!

DSC02735_1.jpg

DSC02737_1.jpg

12の星座を表す、オブジェ(?)

300年前から星座のよる占星術が行われていたんですねーー

身近でもある「星座占い」の原点をこのインドの地で遭遇するとは!

DSC02741_1_201312142014494d6.jpg

一つづつ星座のマークの壁画が埋め込まれています、これは射手座..

DSC02742_1.jpg

私は しし座 です

DSC02752_1.jpg

巨大日時計..

300年前の叡智に感動しました

ジャンタルマンタルを後にし、すぐそばにある

世界遺産4 シティ・パレス へ

DSC02759_1.jpg

シティ・パレスはジャイプールの心臓部にあって、旧市街地の1/7の面積を占めていて、

1729~32年にサワイ・ジャイ・シンが経てたもので、その後、後継者により幾多の建て増しされ

ました

上の写真は月の宮殿..の裏側...ははは、あんまり写真がないっ

お気づきかもしれませんが

風の宮殿

月の宮殿 とあり

もう一個はアンベール城の前方の

水の宮殿と呼ばれる宮殿があります

2782931-water-palace-jaipur-india-water-with-reflections.jpg

風・月・水の宮殿...ロマンチックです

シティ・パレスは月の宮殿をはじめとする、宮殿コンプレックス(複合施設)

であり、今も住まいとして利用されている宮殿もありました

そんな中で、ひときわ かわいいピンクの宮殿

DSC02764_1.jpg

こちらは、本日の夜から結婚式の披露宴会場になるそうで

さらに鮮やかなピンクの装飾を準備中...

DSC02761_1.jpg

DSC02760_1.jpg

DSC02762_1.jpg

鮮やかですね...

どんな結婚式になるのでしょう?

ちょうど私がインドに行った日からが、インドは結婚式シーズンで

この後も沢山の結婚式の場面に遭遇しました

さーーて..

本格観光を終了し、私たちはここから5時間あまりのツアーバス移動にて

アグラに向かいました

シート状コラーゲンでお肌しっとり、今年限りの超特価!

インド旅行記にお付き合いいただきありがとうございます

 今回のインド旅行記の記事はすべて こちら です