おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●インドの旅10・アグラ「タージマハール」

DSC02868_1.jpg

ジャイピーバレスホテルを出てツアーバスに乗り

私たちが向かったのはホテルから3kmほどにある..

DSC02856_1.jpg

世界遺産5 タージマハル です

この旅は北インドの「黄金のトライアングル」と呼ばれる

デリー・アグラ・ジャイプールの「8つの世界遺産を巡る旅」

でしたが、なかでも、タージマハルはこの旅のハイライト

言葉は悪いですが、

腐ってもタージマハル

といったところでしょう、

心なしか、ガイドのブタニさんも気合が入っているように見えます

アグラは物売りもしつこいので気を付けるように...と言われていたのですが

確かに....。でも、私は一冊の日本語で書かれたガイドブックを買いました

このガイドブックは今回の記事でも大活躍です..

タージマハルというと、Topの写真のイメージですが

実は入口から大変美しい砂岩の建造物で守られており

これだけでも歴史的な価値の高いものだと思いました

DSC02858_1.jpg

ね、わんちゃん!

のら犬はどこにもいっぱいいます

超余談ですが、野良犬はもちろん、野良牛や、野良猿もどこでも

みかけるのですが、野良猫はいないんです殺生禁止のこの国で

猫は淘汰されちゃったのかな??

日本とは逆ですね。日本は法律で犬は危険動物という立ち位置だから

保護されても飼い主が見つからなければ、残念なことに処分されてしまいます

だから、今、日本に野良犬って見かけなくなりましたよね...

悲しい.... はい、超余談でした

DSC02859_1.jpg

しばらく歩いて、あれがきっと タージマハルの入口の門です

門ですらこの重厚感

DSC02864_1.jpg

そして、その門の正面を臨みます

外観の重厚感に対して、

なんとディティールの繊細で美しいことよ...ため息

そして..

この門の先に..

DSC02867_1.jpg

タージマハル が...

DSC02868_1.jpg

全容を見せた タージマハルは 圧巻 でした

インドに来て、この建物を肉眼で観ることが出来てよかったな...

タージマハルについて..

世界一美しい墓として知られる、北インドのタージマハル。白大理石でできた絢爛たる墓廟は、ヒンドゥー教国インドにおいて栄華を極めたイスラム王朝ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが、最愛の妻のために建造したものです。正確無比なシンメトリーが美しいパレス風の建物で、亡くなった王妃のために1632年から22年の歳月をかけて造営されました。インド・イスラム建築の最高峰ともいわれるこのタージマハルは、腕利きの職人を集め、のべ2万人が携わったといわれています。

では、続きは明日!

インド旅行記にお付き合いいただきありがとうございます

 今回のインド旅行記の記事はすべて こちら です