おいしいおひるごはん

はてなブログにお引越し半月の初心者です。おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。

●桶川市「松屋」のもりうどん

まつや (5)

幼馴染のてーちゃんの家、 「坂巻醤油店」

しょっちゅう遊びにいっていた高校時代

特にお休みの日曜や祝日にうかがうと

てーちゃんのお母さんが、うどんを打ってくれていて

てーちゃんのお父さんが、狩りで捕ってきた鴨が入った

肉汁うどんを、よーくごちそうになっていました

もちろん、つゆのお醤油は、濃くてまろやかな

坂巻醤油店の再仕込み醤油

おいしかったなーー、季節ごとに野菜がはいってるの

ナスやキノコは入ったうどんつゆがなつかしいなーー

そんな感じで、故郷「桶川」はうどんを家で打っていた食文化の街です

てーちゃんのおかあさんも、先日伺った折には、お年を召していらして

うどんを打つこともないそうで、実にさびしいですが...

そんな..

「桶川のうどん」

名店といわれるお店もあるそうで

桶川うどんについては、今、仲良くしてもらっている

「埼玉グルメブロガー」さんたちにおしえてもらった次第....

灯台下暗し.....

ですねーー、全く

その代表格として登場する 

松屋さん

いろんなブログで見ているこのお店に、恥ずかしながら初訪問

まつや

この佇まい.... 

食べ歩きをしている人なら、涙がでそう... (でしょっ?)

うん、あったよ。

このうどんやさん。

今は市営駐車場になってる旧郵便局があったはるか昔

サンコーさんっていう、桶川唯一のスーパーマーケットがあった頃から

確かにあった

今は遠方からも「武蔵野うどん」フリークさんが訪れるという松屋さん

まつや (7)

初めてのれんをくぐらせていただきます

満席

すご!ほんとに隠れた人気店だったんですねーー

ちょうど一テーブルお客さんが立ったので、席を確保

まつや (4)

おざぶと床の質感もなんともいえません

セルフで冷水器から冷たい麦茶をくんできて

一番小さい もりうどん (500円)と 

      春菊のてんぷら(70円)を注文

感じの良い、中年のおねえさんが速攻でうどんを出してくれます

まつや (6)

そーーそーー このみるからに力強いうどん

地粉をつかった灰色いトーンやねじれた感じも

なつかしいなー♪

桶川のうどんは、いわゆる田舎うどんといわれる

地粉を使った、低加水麺、けっしてツルツルとのど越しのよい麺ではなく

しっかり噛んで食べる麺......

実は、子供の頃はこれがあんまり得意じゃなかったんだよね

でも、今いただくと、しみじみと粉の味がして、滋味あふれる感じがいいです

ね。しっかりした噛みごたえのある麺にある、しょっぱめのつゆもおいしいです

まつや (3)

となりの席の方が立たれたので、てんぷらの入ったケースを撮影

雰囲気ありますね、てんぷらはほかにごぼうと人参でした

ふにゃっとした作り置きのてんぷらなんですが、これはこれで素朴な

おいしさがあるものです...

しかし、ごきゅごぎゅと噛んでいるうちに

おなかの粉もんは次第に重みを増してゆきます

なんと食べきれませんでした。

ごめんなさいして、今後は麺を少なくしてもらうことも可能

ということを確認しお店をでました(値段はかわりません)

こどもの頃から食べていた桶川のうどん

大人になり(つーかおばちゃんになり)、おいしいさを再認識しました

他のお店もいってみたいなー

関連ランキング:うどん | 桶川駅