おいしいおひるごはん

はてなブログにお引越し半月の初心者です。おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。

●去年の秋の長野母娘旅行備忘録その2

IMG_0012_201408110710090f2.jpg

この絶景を前にした食卓はすべてがおいしそう...

IMG_0011_20140811071006ad8.jpg

サラダも...

IMG_0016_20140811081446f8e.jpg

エッグベネディクトも...

IMG_0014_20140811081444dde.jpg

珈琲のセットも素敵...

すべてはこの澄んだ空気と美しい山々のおかげかなー

なぜか昨日おっかなかった女性主人もやさしい...

コピー (1) ~ IMG_0007

オーベルジュを後にし、下山します

IMG_0018_20140817230446dd5.jpg

途中の絶景ポイントから見下ろす白樺湖

IMG_0025_20140817230518c04.jpg

晴天で気持ちのよい白樺湖

IMG_0033_20140817230520624.jpg

ドライブがてら八ヶ岳ロープウェイ乗り場にも立ち寄り...

IMG_0002_1_20140817231438fd2.jpg

スイス民謡とダンス

IMG_0001_1_2014081723153572d.jpg

トロンボーンの演奏を楽しみ

IMG_0001_2_2014081723143460b.jpg

山のパン屋さんで...

IMG_0001_3_20140817231436346.jpg

バターギッフェリというクロワッサンをさらにリッチにしたような

IMG_0001_4_201408172314370d4.jpg

バターたっぷりのパンをいただきました

きれいな空気の中でいただくパンて、とてもおいしい...

昼食のレストランを予約し、また下山します

途中でみつけた 小(←まちがえ笑)津安二郎が別荘として使用していた

IMG_0017_1.jpg

無藝荘(むげいそう) は一見の価値がありました

年配の女性の方が管理されておりますが

IMG_0010_1.jpg

実際に囲炉裏に日がくべられており、来館者を歓迎してくれます

IMG_0011_1_201408172341117b1.jpg

建物内は小津安二郎の映画のパンフ他展示されており

IMG_0001_2_20140817233809b11.jpg

小津安二郎さんの映画の世界を私は詳しく知らないのですが、

昭和初期の日本の住居とはかくも美しいものかと

ディティールに至るまで感動しました

IMG_0004_1_2014081723381311d.jpg

お台所 差し込む日差しがなんとも柔らかい

IMG_0005_1.jpg

蠅帳仕様の食器棚

IMG_0008_1_20140817234043caf.jpg

洗面所 この洗面所の前面の板は水車の車を利用しています

すてきですねー

IMG_0007_1_20140817234041c25.jpg

洗面所の横の棚

IMG_0003_1_20140817233812783.jpg

浴室

IMG_0002_2_20140817233811b43.jpg

浴室のタオルフックは 桜の枝  

うなりました。真似したくてもできないね...

IMG_0009_1_2014081723410967e.jpg

年月を経ても古さを感じさせない 電気スウィッチ

また広間にもどって...

IMG_0016_1.jpg

格子ガラスからお庭をながむる....

IMG_0012_1_20140817234113a61.jpg

電燈

IMG_0015_1.jpg

年月によって蓄積された炭すら美しい、囲炉裏と管理の女性

IMG_0001_3_20140817235739346.jpg

暖を取り、食事をつくるための薪....

ため息をつきながら拝見しました。

この美しい無藝荘(むげいそう)、古い日本の伝統的な住まいを

目の当たりにすると、その美しさや、時を経て生まれる重厚感に

私たちは、便利さや簡便さと引き換えに大切なものを置き去りにしてきて

しまったような気持ちになりました。

近くを訪ねたら、是非たちよってください

たしか入場料は100円であります

さて、おなかがすいてきました。

目指すレストランに向かいます

IMG_0015_2014081723044257c.jpg

可愛いエントランス...

IMG_0017_201408172304459bb.jpg

それでは、長くなりましたので、次回に続きます

●無藝荘(むげいそう)  HP