おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●麹町「アジャンタ」のチキンカレー

ajanta (13)

これまた、FBカレー部のオフ会です

メンバーが4000人もいるから、すぐオフ会やりたがーーる♪♪

今回の場所は、日本のインド料理における

老舗中の老舗である当店

ajanta (20)

カレー好き、インド料理好きであれば、存在を知らない人はいないし

一度は行っておきたいお店です。私も行きたかったんだー

こどものころ...(って言っても高校生くらいの頃かな?)

アジャンタがまだ九段にあったころ、父がよくお土産のレトルトカレー

買ってきてくれていました、スパイスの衝撃にのけぞった初めてのインド料理体験。

だから、私のインド料理の原点はやっぱりアジャンタのカレー

.....なんだけど、この年になってやっと初訪問です

この日も私はちょい遅れた上にお店が見つけられず迷ってしまい...

到着するとすでに盛宴!

また、この日は2部制で、1部から参加している人は

丸の内のインデアンに立ち寄ってるので、すっかり打ち解けている模様です

ajanta (5)

ベルギーのヒューガルデンビールにて乾杯!

ajanta (4)

まずは玉ねぎときゅうり香味ざく切りサラダ チュンバ

ajanta (2)

すでにタンドリーチキンに突入!

ajanta (3)

タンドリーチキン&シシカバブ&普通サラダ

安定のおいしさですね

ajanta (6)

ミントのチャトニ青唐辛子

そして羊ラバーにはたまらない..

ajanta (7)

ラムチョップ 味は3種あるようです

私は、一口しか食べていないのですが、

羊ラバーは、ホントに羊が好きですよねー!

みんなでの集合写真、このラムチョップ握りしめて写ってるレディがいて

笑ってしまった。

ajanta (21)

キーマ サモサ 鶏挽肉とポテトの三角包み揚げ

そしていよいよ待望のカレーたちが続々とやってきます

ajanta (8)

ダール 黄色いレンズ豆だけのカレー

ajanta (9)

ケララ風エビカレー マイルドなココナツ風味 6尾

このカレーは北浦和・サティアムのケララフィッシュカレーに、良く似ていました

まろやかでコクがあります


ajanta (10)

やっぱりたのんでしまう、チーズナン

そして、ここから後のカレーはほとんどのお客さんが注文する

人気カレーたちです。HPには以下のような説明書きkがありました

ムールティ家のカレー

ほとんどの常連のお客様がオーダーする人気メニューです。

スタートがプロの料理では、ありませんでした。あくまでもムールティ家の家庭料理。手間隙かけて、愛情こめて、家族が安心して食べられる料理が基本です。複雑洗練ではなく、ワイルドでシンプル。包み隠さず、わかりやすい料理です。それぞれ素材ごとにスパイスのブレンドが違います。

また、私にとってはびっくりの馴染んだ味でした

ajanta (14)

マトンカレー 

たっぷりのスパイスに体にやさしい羊肉が絡み合い

なんともいえない味を作り出しています。

これぞ世に自慢したいムールテイ家のカレーです。HPより

ajanta (16)

キーマ マター 

印度でキーマと言うのは挽肉の事。普通は羊肉を指しますが、

創業当時の日本では羊肉がなかなか手に入らず、鶏挽肉を

使いました。アジャンタのキーマカレーは水分を飛ばしスパイスの

味と鶏の挽肉の味を凝縮させた独自のキーマカレーです HPより

なぜ馴染んだ味かというと...さいたま市北浦和

さらじゅのカレーの味なんですよ

アジャンタのHPこちらのページにも紹介されているように

さいたま市北浦和・さらじゅは、アジャンタ卒業生のお店

しかも、さらじゅの小森シェフは数十年前のアジャンタの中心的なシェフ

だったのだそうですから....

(ソースは07年7月号のdancyuの特集記事 私のさらじゅの記事

そして、大好きなさらじゅのチキンカレーの原点である

ajanta (12)

チキンカレー

創業当時からの変わらぬカレー。

南印度特有のココナッツミルク、ヨーグルトを使った

辛味の強いサラサラのルーに骨付きチキンがごろっと、 入っています。HPより

やっぱり味わいはさらじゅのチキンカレー

ちなみにこれが↓さらじゅのチキンカレーです

20140501213531aa1_20141210004513cdf.jpg

おんなじなんだねぇ~~

なんか、感激しちゃうな。

私が高校生の頃父の土産で食べたチキンカレーの味は全然覚えて

いないんだけど、きっと今日のチキンカレーの味であり

さらじゅのチキンカレーの味だなんだね...

感慨深いわ

ajanta (17)

いつものように食べたくて、わざわざ日本の白いごはんを注文

ajanta (18)

しあわせだー

一緒に写っているのはマサラクルチャです

こうなると、ご本家のバターチキンも食べたいですね

さらじゅのバターチキンは、大ヒット商品であり、

且つ、同じアジャンタ卒業生である千葉・検見川シタール

ほとんと同じバタチキなんです。原点はどんな感じ?

ajanta (19)

あら?全然違うバターチキンが出てきました

ちなみにこれがさらじゅとシタールのバタチキです

20140501213531aa1_20141210004513cdf.jpgDSC09897_20141210005612952.jpg

アジャンタの甘ーいバタチキもいいけど

やっぱりバタチキは、さらじゅ&シタールタイプが好きだわ!

その他

ajanta (11)

チキンビリヤニなども...

今回のオフ会は、10名超えの大所帯

インド料理は夜に、5人以上のグループで行き、

いろーんなお料理を頼むに限る。って思っている最近ですが

ajanta (15)

こんなにもたくさんのお料理が食べたられて幸せです

ajanta (23)

何しろ、老舗中の老舗のアジャンタさん、一皿がお高いのです

カレー単品が1600円~1800円超え

プレーンのナンが540円 ふつうの日本の白いごはんが350円

てな感じですから、なかなか、あれもこれもとはいかないし

少人数だと食べきれないしね...

今回はこれだけのお料理を一度にいただけたことは、

もう「貴重な体験」と言ってもいいかもしれません

味は良くも悪くも、「老舗の味」

私にとっては「さらじゅ」を強くを感じますし

30年前であれば、異国のスパイス使いのけぞったと思いますが

価格を鑑みての感動はないかな?と思いました

一度はアジャンタに...とか

老舗のアジャンタでカレー食べたわ

みたいな立ち位置でかな?

この味が食べたくなったら、さらじゅに行こう...

ajanta (1)

この日も良く飲んだね....('◇')ゞ

●アジャンタ麹町店 HP

関連ランキング:インド料理 | 麹町駅半蔵門駅四ツ谷駅