おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●岐阜市「カレーの文化屋食堂」の覚醒カシミール

2泊3日きままな中部ひとり旅の続きです

2日目はこの日は、まず名古屋から三重県伊勢にお伊勢参り

そして大急ぎで向かったのは...

名古屋(愛知県)を吹っ飛ばして

IMG_0001_201508161531207ff.jpg

岐阜。初訪問です

三重で東洋軒のブラックカレーを逃してしまい

「一県一カレー」のミッションを果たせなかった私は

(「一県一カレーのミッションは最近自らに課しました)

岐阜に到着するや、スマホのナビをたよりにまっすぐ向かったのは

岐阜駅から背にして徒歩10分、アーケード商店街にある

IMG_0002_20150816153034250.jpg

カレーの文化屋食堂 さん

FBFカレー部友だち、トトコちゃん押しのカレー店

入り口から実に個性的

男性のご主人がひとりで営業していらっしゃるそう

インド綿の奥から見える店内が薄暗いので、ひとりで入るのは

ちょっと勇気がいるかも

IMG_0024_201508161531244fd.jpg

カウンター中心に、テーブル席はふたつ

カウンター越しに、物静かそうなご主人が、いらっしゃいませ、と迎えてくれます

IMG_0003_20150816153036841.jpg

注文は、埼玉から決めてきました

覚醒カシミール

ネーミングがイイ、絶対食べたくなる!

メニューには

スッキリ辛いチキンカレー

脳もスッキリ元気になる

 

って、書いてある。

こういうスッキリカレー、大好きなんだよね

ご主人....

スッキリしてくださいねーーー

と言って、カレーを出してくれました

どうやら、このお店のキーワードは

スッキリ らしいです

IMG_0004_20150816153037efb.jpg

ダルバード皿に盛られた 覚醒カシミールの内容は

・ナスのカレー

・覚醒カシミール

・玉ねぎのアチャーㇽ

ターメリックライス(少な目でお願いしてます)

IMG_0005_20150816153039b62.jpg

覚醒カシミールの寄せ。

黒褐色、深みのあるさらっとしたカレーソースは

カシミールカレーというと思い浮かべる、私のイメージそのもの

IMG_0006_20150816153040f24.jpg

ではいただきます

うーーん スッキリする!

カシミールを冠したカレーと言えば、やはりデリーのカシミールカレー

思い浮かべますが、おおよそのボディは同じだとおもいます

当店の覚醒カシミールはより、さわやかな酸味とスパイス感が際立っていて

やっぱり「スッキリ」を前面に押し出した感。

覚醒カシミールは、ご主人がインドのカシミール地方を訪れたときに

食べたカレーをもとに作った「カレーの文化食堂オリジナル」だそうです

デリーやボンベイカシミールと共通項が多いのは、

やっぱりカシミール地方にこんな黒褐色のサラサラ極辛スパイシーカレーが

存在するかなー?

それを再現するご主人手腕はすごい!

やー、おいしい、お話始めるとご主人は気さくにおしゃべりしてくれます

そうこうしているうちに名古屋のトトコちゃんもやってきて、カウンター越しに

IMG_0001_1_20150816225413f78.jpg

二杯目のキングフィッシャーのみながらカレー談義

(その間、ご主人16回はスッキリを連発.......(*'▽'))

そして私がこれから向かう場所への、アクセスを調べてくれて

パス停の場所、乗るバスはこうこう...とおしえてくれました

一見、気むつかしい人?いえいえ、とても温厚で親切なご主人

カレーは間違いなく秀逸です。

そして、旅っていいなーー。って思えるお店でした

というわけで、一県一カレー

岐阜県は、カレーの文化食堂できまり

名古屋のFBFトトコちゃんとはいったんここでお別れして

岐阜の最終目的地へ、

カレーの文化食堂のご主人に教えられたとおりに進んだら

見知らぬ土地のバス移動でも、スムーズに到着。感謝~~。

時刻は午後6時すぎ......

やってきました。アウェイ岐阜戦の舞台

IMG_0007_20150816152957b8d.jpg

岐阜メモリアルセンター長良川競技場

絶対勝つよ!

(この記事は出来事は5月24日のものです)

関連ランキング:インドカレー | 名鉄岐阜駅岐阜駅