おいしいおひるごはん

はてなブログにお引越し半月の初心者です。おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。

●イタリア旅行2015 パレルモ編2

パレルモのおいしいおひるごはん

Ristorantino da Spanò (リストランティーノ ダ スパーノ) さんを

後にし、私達には行きたい場所がありました

その前に...

ちょっとドライブして、ドォーモ(大聖堂)を見学

ドォーモのすぐ前にBARあり

IMG_0001_1_20160109211934bdd.jpg

シチリア人が大大大好きなアランチーニ(ライスコロッケ)と

未だイタリアで食べたいないPizzaがあったので

ちょっと入ってみよう

IMG_0002_20160109211932ae7.jpg

カットPizzaとアランチーニを...

Pizzaは焦げていて、イマイチ食欲がわかない代物(笑)

IMG_0003_201601092119331a7.jpg

アランチーニはチーズがトローリ

だけど、ここ以上に別のお店のアランチーニの方がおいしかったなー

いずれにしても 

シチリアはアランチーニとカンノーリが大好き!って印象でした。

そして、ここからは馬車に乗り目的地へ....

IMG_0020_1_2016010823311465e.jpg

馬車気持ちいい~!

20ユーロは安くないけどね..

でも、別の方は同じ距離を吹っ掛けられて40ユーロ取られたって

タクシーもそうなんですが、相場を調べて、乗り物に乗る前に

目的地を告げて、値段交渉しないとぼられます。

IMG_0001_3_20160109213032e9f.jpg

でも、馬に罪はありません..

私達が訪ねたのは、パレルモからちょっと外れた

IMG_0021_1.jpg

カプチン・フランシスコ修道会

この修道会の納骨堂には、

世界で一番美しいミイラ といわれる

ロザリオ・ロンバルトちゃんが眠っています

IMG_0001_7_2016010921410205d.jpg

と、いう知識でやってきたのですが

想像をはるかに超える場所であり、堂内は撮影禁止でしたが

お借りした画像をお見せするにもためらわれる「閲覧注意」画像なので

こちらの訪問の様子は「続きを読む」に書きますね

すごい衝撃を受けて、カプチン・フランシスコ修道会 を後にし

いったんホテルにもどります

そうしますと、私的には夜は夜で、現地ガイドさんに

おススメされたリストランテに行く気満々だったのですが

70代の両親は、早々にシャワーをあびて、

「もうどこかに行く元気はない.....」

と、言います

あーーーー、予測不可能な事態

せっかくのパレルモでの自由時間なのに.......涙

ちなみに、現地ガイドさんがおススメしてくれたリストランテ

「Sesto Canto」というお店。ここは帰ってから調べると

シチリア在住ブロガーさんもおススメしているので、間違いないと

おもいます。あーーーー、残念だったなー。

それで、散歩がてらホテルの近所のスーパーに行ったり しました

IMG_0023_1_20160108233228cdd.jpg

海外旅行でもワンニャンが気になる

チャイニーズシャーペイに出会いました

初めて実際触れたチャイニーズシャーペイ

かわいいなーー

そんなことをしても、時間を持て余します

夜の一人歩きはあぶないし

両親はすでに本格的にベッドで爆睡してるし

なので、ホテルのロビーに行ってみると

ツアー仲間さんたちが、ラウンジでBeerを飲みながら談笑していました

さっそく混ぜてもらうと、しばらくして、Fさん父娘さんが

「よかったら私達の部屋で飲みませんか?」

と提案していただき。。

ここまでで仕入れた食材を持ちより

IMG_0001_4_20160108232659bef.jpg

なんと豪華な パレルモ部屋飲み!

そして、何気ないこの部屋のみ食材の中で

シチリア的というか、パレルモ的特筆事項はこちら!!

IMG_0024_1.jpg

この写真の左下にある パレルモ名物

パニーノ・コン・ミルツァ (内臓バーガー)

ミルツァとは脾臓のことで、他、肺もはいってりいるそう

こちらを購入された、ひとり参加の30代女子さんは

昨晩もフェリーで呑み明かしたのですが、内蔵ラバー!

ヘタレの私には若干ワイルドだったのですが

旨い!旨いと!頬張っていました

楽しかったなーー

はい

そう、

前日のフェリー飲みもそうでしたが

今回のツアーは、みんな、ホントに仲良くなって

夜な夜な、一日も欠かさず、誰かのお部屋で部屋飲みをした

楽しいツアーでした

では、明日からはシチリア、いろいろ.....です

つづきに、「世界で一番美しいミイラ」の記事を...

「閲覧注意」画像もあるので、見たい方だけお進みください

●イタリア旅行2015●

●イタリア旅行2015① 日本~ローマ~ポンペイ編

●イタリア旅行2015② ポンペイ~ナポリ~シチリア編

●イタリア旅行2015③ シチリア島 モンレアーレ~パレルモ編

●イタリア旅行2015④ パレルモ編2

関連ランキング:バー・お酒(その他) | パレルモ

世界で一番美しいミイラ 

ロザリオ・ロンバルトちゃんの姿を観に来た

カプチン・フランシスコ修道会の地下納骨堂

IMG_0021_1.jpg

この建物の右側にチケット売り場がありチケットを買って

地下室にある納骨堂へ...

無題

遠目に見える風景に えっ っておもいましたが...

歩き進んでびっくり...

IMG_0001_6_201601092118096de.jpg

あちらにも...

IMG_0001_5_201601092252549ba.jpg

こちらにも、ミイラが...

なんと8000体のミイラが保存されていました

その一番おくには

IMG_0025_1_20160109214035207.jpg

世界で一番美しいミイラのロザリオちゃん

2歳で亡くなり、死を嘆き悲しんだ両親が

ロザリオちゃんの遺体の保存を依頼したとか...

ロザリオちゃんは写真のままの姿でした

ミイラではなく「剥製」として保存されているのですね

でも髪の毛なども、しっかりしていて驚きました

私も昨年、愛猫サリーが1歳になったばかりで亡くなった時に

この愛しい姿がなくなってしまうのが辛すぎて

剥製にしようかと本気で考えたことを思いだしました

圧巻のミイラたちには、宗教による死生観の違いを感じました

私達日本人って、やはり仏教の輪廻転生を信心する傾向にありますから

肉体は滅びても、魂は生き続ける。と思うものですが

キリスト教には輪廻の考えはないのですね....

このように、何百年たとうと、生体を保存して、キリストによる「復活」を

信心するのだと.....

うーー、唸った。

ロザリオちゃんの姿を見るためだけに来た場所でしたが

ヨーロッパの「死生観」を圧倒的な形で対面するばしょとなりました

今回のイタリア旅行では、非常に印象に残る場所となりました