おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●益子町「けらら」のチキンカレー...北浦和さらじゅのKさんはいずこへ?

https://www.instagram.com/p/B9fiujpASPt/

r.gnavi.co.jp

 

・超長文ですでも、北浦和にあった「さらじゅ」のファンだった方はよかったら読んでください。ミニカレー旅、福島から山形に行く予定がチラホラ雪☃️か降ってきたので、予定変更、栃木に下ります。栃木県益子町カレー専門店 けららさん日本のカレー史を開拓した名店アジャンタ出身のシェフが、故郷に帰り静かに営むお店、この地ですでに40年近く営業されているそうです。いろんな意味で来たかった(後述)40年前のアジャンタの味と言われるカレーは、確かに現在のインド人が作る味と若干違います。でも、私は40年前のリアルは知らないけどけららの味は、以前から知っています。(後述)粘度が全く無いサラサラのチキンカレーと玉ねぎのアチャール、辛さの奥に感じるなつかしさに思わず泣きそう。これだよこれだよこれなんだよこれが私の愛する南インドのチキンカレー!と脳内がずーっとこれをリフレイン。口福だなぁ。夕暮れの早い時間で、ご主人とのカレー談義もはずんで、心温まるひとときでした。ここからは、個人的な思い出であり長文なのでスルーして下さい。当時のアジャンタで修行されたシェフの独立店は北は仙台から南は大分まで7店舗ほどあるかと思いますが私の住むさいたま市にも、Kシェフか腕をふるった「さらじゅ」というお店がありました。もちろん、私は大ファンしかし、6年前に突然お店は閉店。以来、なんとも言いがたい空虚感をずーっと胸にカレーを食べ歩いておりました。けららさんに来た目的の一つがお店を閉めたKさんの現在のご様子を伺うことでもありました。会話の中で、さりげなく伺ったところ健康上の理由でお店を閉めたけど今もご存命で、最近電話で話したばかりだよ。と‥‥ あーー、よかった。ご高齢だったので、万が一‥とも心配していたのです。そして、けららさんのカレーにはさらじゅと同じ味わいが溢れていた源流は40年前のアジャンタ。こんな言い方はけららさんには失礼かもしれませんが、さらじゅのカレーに会いたくなったら、ここに来ればいい。すごく、ほっとしました。私の、さらじゅの想いを差し引いても魅力的なカレー店、併設されているのは手芸🧶🧵屋さん。3年前に亡くなった母上は、いつもカレー店で編み物をしながらにこにこと佇んでいたそうです、その作品や当時のお写真を拝見すると、ほっこりと温かい気持ちになります。今度、益子焼や真岡の苺🍓を求めてドライブがてら訪れたいと思っております。と、これでこの話は終わる予定でありましたがその後、動きがありました。この記事をFBに書いたところK森シェフは、昨年8月にご逝去されだそうなのです。そのことは同じアジャンタ出身のアンジュナ店主がFBで発信されたそうです。なんと。Kシェフのご冥福を心からお祈りします。#論よりカレー #栃木カレー#チキンカレー#アジャンタ派#さらじゅ#南インドカレー#一県一カレー旅#カレー大好き