おいしいおひるごはん

おいしいごはんを求めて日本全国たべ歩き。子育て後の自由ライフをつづります。仔猫を保護すると仔猫に没頭します。

●忘れられない、忘れてはいけないこと

f:id:kyoko007go:20210414173908j:image

 

 

3月11日、あれから10年ですね。

 

 

原発10km圏内の富岡町から
被災者の飼い主さんの車で、うちのそばの
片柳コミュニティセンター避難所にやって
きた力丸くん

 

 

当時、ペットを置いてとるもとりあえず
村民避難としてバスに乗って避難した方は埼玉スーパーアリーナに、
ペットを置いてこれず、一緒にマイカーで避難した方は、

スーパーアリーナがペット不可だったので、片柳コミセンに‥

 

 

けれど、以来故郷に戻ることはできませんでした。

 

 

 

そして、
ペットを連れてきた被災者さんのほとんどは
断腸の思いで家族であるペットを

     手放さざるをえませんでした

 

 

 

写真は初めてうちに来た力丸。

 

 

 

地震の恐怖、避難の疲れと不安は、
はっきり力丸の顔に出ています。

 

 

この時12歳、以来5年間家族として過ごしました。
力丸を通してずっと、元飼い主さんとも交流

 


今回の地震とその被害、被災者さんの悲しみ
と対峙していたように思います。

 

 

 

力丸が亡くなって、もう5年。
この写真を見ると、今も胸が詰まります。

 

 

 

 

忘れてはいけない

 

 

 

 

力丸くんは、ずっとこんな顔で我が家にいたわけではありません

力丸君と我が家の生活をつづった記事は

 ↓↓↓↓

www.ohirugohan.fun

 

からどうぞ!